トップページ > 施設ご利用者様へのフットケアのご提案

高齢者の足爪

・高齢になると爪はどうなっていくのでしょう?
高齢になると、全身が乾燥しやすいように、爪もまた乾燥しやすくなります。
乾燥すると爪は硬く、厚くなります。また新陳代謝が悪くなるので、爪もあまり伸びなくなりますが、伸びないからといって切らないで放っておくと、さらに切りにくくなり、割れやすくなります。

爪の役割

足爪は体を支えて安定させる役割があります。また歩く時には、足の指先が蹴りだす力を爪がうまく伝えています。
つまり爪は、私たち人間の基本姿勢、立つ、歩くという基本動作の要として、身体のバランスをとる役割を果たしているのです。

なぜフットケアは大事なのでしょう

こうした爪の変化により、身体のバランスも変わってきます。立ったり歩いたりするとき、足指が全て地面についた状態が正常なのですが、指が地面に着かなくなるのです。
また爪が厚くなる事で、足に力を入れにくくなったり、靴にあたって傷みが出たりする場合もあります。これらの状態が悪化すると、歩行が困難になり、転倒の危険も大きくなってきます。

国は平成15年から介護予防事業として「足指・爪のケアに関する事業」(フットケア)を盛り込み、高齢者やその家族に足指や爪のケアの重要性と、適切なケアの方法を普及するとしています。 国としてもフットケアの重要性が認識されてきています。

膝が痛くて歩けないのは、足裏のバランスが崩れたことや、爪の異常やタコが原因だったという事もあります。足に注目すると隠れていた病気の発見にもつながるかも知れません。
「立つ」 「歩く」という動作の要である足、フットケアの基本は足の皮膚と爪を日頃から観察・チェックしておく事です。

高齢者のフットケアについて、私たちからのご提案

フットケアとは足の健康や足病変の予防および悪化防止のために行うケアの総称です。
私達がおこなっているフットケア、正しい爪切りは、生活機能の低下を予防することを目的とし、介護ヘルパーの資格を持つスタッフにより、利用者さんの「足」に触れることで、また「心」に触れ、その人らしさを支えるケアを行います。

最後に・・・

フットケアでは、利用者さん一人一人の、足の爪の状態をチェックし、角質を削ったり、爪を切ったりしてケアすることで、利用者さんも、そして、施設のスタッフさんにも、足に対する『意識』が生まれてきます。
フットケアを行うことで、楽になったり、気分がよくなったり、すっきりしたりと、精神的にもストレスが軽減され利用者さんの心のケアにもつながります。
また糖尿病による知覚障害がある場合には、靴ずれや傷・低温火傷に気付きにくいことなどから足病変の危険性が高いうえ、末梢血管障害や高血糖による身体防御機能の低下により傷の悪化・回復の遅延が起こりやすいことから、足腫瘍や足壊疽を来す危険性が高いです。
このような場合には対象者自身のフットケアに対する関心を高め、セルフケアの指導を行うとともに、疾患と足病変の状態に応じたフットケアを継続し、悪化を防止する必要がありますが、技術の一つとしてこのフットケア技術が挙げられます。
フットケアを行っていて感じることは、『元気な方は、足も健康』ということです。逆に言えば、足を健康に保てば、元気になっていくということかもしれません。
『歩行の改善』につながらなければ、フットケアといはいえません。

★ 高齢者施設、デイサービス、グループホーム毎月定期訪問 フットケア

爪切り(フットケア)

◎ 施術時間は患者様の体調に合わせますので、時間は決まっておりません。
マシンにて衛生的で、体へのご負担や痛みのない施術を致します。
施術内容としては、爪切り・肥厚爪・変形爪・爪成形、及びタコ・魚の目の除去になります。

★ 施設のご希望に合わせて、施術時間と料金のご相談をお受け致しますので、
   お気軽にお問い合わせください。


★ 施設(爪切り、タコ、魚の目)

2、3か月に1回(手の爪は無料です)
お1人様の場合: ¥4,000
5名様以上の場合: ¥2,000(お1人につき)

下の写真のような爪の方も施術可能です。

★ 在宅訪問

◎ 施術(爪切り)4,000円 プラス 出張費3,000円になります。
マシンにて衛生的で体のご負担や痛みのない施術を致します。
施術時間は患者さまの体調を見ながらの施術になりますので時間は決めておりませんが、
概ねおひとり様40分位が目安となります。

★ 在宅訪問

足のトラブルで自宅施術希望の方 (ご希望の地域へ随時対応致します)

ページトップへ戻る
Copyright(C) Fuss Profi All Rights Reserved.